よくある質問と回答をまとめました。

お問い合わせをする前に、御一読ください。

Q.響線の調節はできますか?

Q.鈴はついていますか?

Q.天然木化粧合板とはどのようなものですか?

Q.ツキ板(化粧板)とはどのようなものですか?

Q.ツキ板(化粧板)を変えると音は変わりますか?

Q.マレット等で叩いても大丈夫ですか?

Q.キック奏法など、足を使った奏法をしても大丈夫ですか?

Q.濱崎商会で売れ筋のカホンは、どのモデルですか?

Q.直接の販売はしていただけますか?

Q.ターンバックル方式とペグ方式について教えてください。

Q.響線が切れたり打面が割れた場合、修理は可能ですか?

Q.工房で直接販売している製品はどのような製品ですか?


お問い合わせはコチラから

Q.響線の調節はできますか?

A. はい、当工房のカホンは、全モデル響線の調節が可能です。

Q.鈴はついていますか?

A. いいえ、ついておりません。(取り付けもいたしません)

Q.天然木化粧合板とはどのようなものですか?

A. 普通合板にツキ板(化粧板)を張り合わせたものです。

Q.ツキ板(化粧板)とはどのようなものですか?

A. 天然木をスライスした薄い板です。

Q.ツキ板(化粧板)を変えると音は変わりますか?

A. 厳密に言うと変わります。が、音を変える要素は、板の材質や厚み、
硬さ、カホンの大きさとサウンドホールのバランス等たくさんあります。
そのなかで化粧板の材の違いのみが及ぼす影響はわずかなもので、
どの材にすればどんな音になるか、はっきりとは言えません。
どちらかというとビジュアル的要素が強いものと考えてください。

Q.マレット等で叩いても大丈夫ですか?

A. いいえ、打面が割れるなど、破損する恐れがあります。

Q.キック奏法など、足を使った奏法をしても大丈夫ですか?

A. いいえ、打面が割れるなど、破損する恐れがあります。
基本的に、手の平や指先での奏法しか想定しておりません。

Q.濱崎商会で売れ筋のカホンは、どのモデルですか?

A. 2016年の売れ筋ランキングは以下のとおりです。参考にしてください。

1位 SPC-380LH
2位 FCR-310
3位 FC-210SW
4位 FC-190SV
5位 TAMO-46
6位 FCR-III(2016年10〜)
7位 TAMO-33
8位 MC-180
ページTOPへ

Q.直接の販売はしていただけますか?

A. はい

工房にて試作品や訳あり品などを常時販売しております。
現行製品につきましても、在庫のあるものに関しましては販売いたします。
※遠方の方など、お近くに取り扱い楽器店がないというお客様からご要望を頂戴しておりますので
今後すべての商品をWEBSHOPにてお買い求め出来るように検討中です。

Q.ターンバックル方式とペグ方式について教えてください。

A. ターンバックル方式は、一本の響線の両端を上部で固定して、
  下部でターンバックルに引っ掛けてあります。
  画像のように1セットのものがVターン、
  画像のように2セットのものがVVターンです。
  ペグ方式は、画像3のように上から下までまっすぐに張られており、
  響線一本につき一つのペグが対応していますので、
  より細かい調節がしやすくなっています。

Q.響線が切れたり打面が割れた場合、修理は可能ですか?

A. はい、可能です。
  お買い上げいただいた販売店にご相談いただくか、
  ご贈答品や、転居などによって販売店にいけない場合は
  直接お受けいたしますのでコチラからお問い合わせください。
  ※状態によって、修理ができない場合もあります。   

Q. 工房で直接販売している製品はどのような製品ですか?

A. 以下のような製品です。
●特別な材料を入手したなど、創作意欲を刺激されて製作した一点もの。
●製品開発のための試作品。たとえば、コスト面や作業効率などの観点から
  レギュラー製品としての採用を見送ったものなど。
●製品見本として使用していたもの。(中古品扱い)
●キズなどで新品として出荷出来なくなってしまったもの。
●その他、カホンまわりの小物やシェーカーなど。
●現行品で在庫のあるもの(2017年1月〜)
ページTOPへ
copyright© 2008 HAMASAKISHOKAI, all right reserved.